基本的な育て方|様々な環境に合わせてガーデニングを楽しみましょう
ウーマン

様々な環境に合わせてガーデニングを楽しみましょう

基本的な育て方

フラワー

花の苗を育てる前に、基本的な育て方について確認をしておきましょう。まず初めに、肥料と鉢と土を購入しておいてください。花の苗を育てる場所としては、屋内でも育てることは可能ですが、できるだけ屋外で育てるようにしてください。なぜなら、屋内では、十分な水分を貰うことができますが、日光を直接浴びることができません。植物にとって日光は成長するのに欠かせないものになります。ですので、日光と十分な水分を吸収できる屋外で育てましょう。購入してきた、花の苗を鉢やプランターに移動する際には、スコップで丁寧に移動させてください。移動の際に、スコップで花の苗の根を傷つけないようにしてください。綺麗に移動することができたら、上から土を入れて苗を安定させるようにしてください。スコップで安定させようとすると茎や根を傷つけてしまう可能性があるので、指か割り箸などで安定させましょう。鉢植えに入れ替えてから、ある程度成長した時は鉢植えから葉が飛び出てしまいます。その場合は、飛び出ている葉を専用のハサミでカットしましょう。そうすることによって、カットした茎から、もっと成長しようと新しい茎や葉が生えてきます。茎や葉が増えることによってボリュームを増すことができ、花の蕾を多く増やすことができるので綺麗な花を多く咲かせたい方は試してみましょう。水を与える時は、上からジョーロでかけるのではなく、根元にたっぷり水を与えてあげてください。なぜかというと、水分や栄養を吸収するところは根元だからです。しかし、水を与えすぎるのはよくないので、頻繁にたっぷり与えることはしないでください。枯れる原因になってしまう可能性があります。